今年沖縄に行くならコレ!沖縄の絶景めぐりができる次世代のアトラクションとは

リリース日 : 2016/03/15

エメラルドグリーンの海に、白い砂浜、住人たちのあったかい笑顔、独特の琉球文化、ゆったりと流れる時間……。沖縄ならではの空気に惹かれて、何度も通いたくなる方も多いのでは。今年の春休み、ゴールデンウィーク、夏休みなどに沖縄に行こうと思っている方におすすめしたいのが、沖縄本島のとある地域限定で楽しめる、最新アトラクションです。

最新アトラクションとは、次世代の乗り物に乗り込んで沖縄の絶景をめぐる、沖縄の新しい楽しみ方。その乗り物が、こちら。か、かわいらしい……!1人乗りの、超小型電気自動車。「ちゅらまーい Ha:mo(ハーモ)」で乗車できる『COMS(コムス)』です。

沖縄の自然に似合う、エコな雰囲気がしますね~。それでは次世代アトラクションで絶景ドライブのスタートです♪

<今帰仁村(なきじんそん)エリア>
1.古宇利大橋
透明度の高い海にかかる、全長約2kmの長い橋を……
こんな感じで、「ちゅらまーい Ha:mo」なら風を感じながら爽快に渡ることができます!

2.古宇利ビーチ
古宇利島は、大型ホテルなどの大きな建造物がない、自然豊かな島!入り口にはこんなビーチが広がっています。

3.ティーヌ浜 ハートロック
島の北側まで少し走ったところにある、穴場感たっぷりの美しいビーチ「ティーヌ浜」。

4.トケイビーチ
ここは、ポットホール(円筒状空洞地形)という不思議な穴があいた岩々が特徴ですので、ぜひ探してください!


<本部町(もとぶちょう) 周辺エリア>
5.瀬底(せそこ)大橋
瀬底(せそこ)大橋は本部町(沖縄本島)と瀬底島を結ぶ、橋長762mの橋。

6.本部町大浜エリアのサトウキビ畑
本部町に戻ってきて、大浜エリアのサトウキビ畑へ。サトウキビ畑を通り抜ける途中、振り返れば、沖縄らしいサトウキビ畑と海の光景が広がります。

7.今帰仁城跡(なきじんじょうあと)
琉球王国が統一される以前の、三山時代の北山王の居城。世界遺産にも登録された沖縄屈指の名城です。ここは、駐車場敷地内にある「今帰仁村歴史文化センター」に立ち寄ってから見学するのがおすすめ。

8.大堂(うふどう)のピラミッドカルスト
約2億年前に隆起したサンゴ礁が沖縄の亜熱帯な気温と風雨で浸食されてできた、珍しい地形です。

ご紹介した8つの絶景は、超小型電気自動車に乗って沖縄・本部半島の観光スポットを回遊できる「ちゅらまーい Ha:mo(ハーモ)」で体験することができます。(観光コースによるので詳細はHPを確認)

■「ちゅらまーい Ha:mo(ハーモ)」の魅力
1人乗りの超小型電気自動車に乗って観光という初体験を。お友達やご家族の複数人で楽しむときは、トランシーバーで連絡をとりあいながら走ることができます。

「ちゅらまーい Ha:mo(ハーモ)」なら、風を感じ、香りや音を感じながら絶景を五感で楽しむことができます。いつもの観光ではたどりつけない、私だけの絶景スポットも見つけられるかも!

タブレットによる観光ナビゲーションで、案内がとてもわかりやすい。はじめての道でも迷うことなく観光できます。

■「ちゅらまーい Ha:mo(ハーモ)」を試してみたい方は……
「ちゅらまーい Ha:mo(ハーモ)」を体験するには、事前予約が必要。沖縄旅行が決まったら予約しましょう!風を感じ、音を感じながら絶景をめぐることができる、最新のアトラクション。童心に返ってお友達や恋人とワクワク楽しみましょう。沖縄旅行の際はぜひチャレンジしてはどうですか?

提供:トヨタ自動車株式会社


■さらに詳しい情報はこちらから